ペット葬儀だけじゃない!遺骨を安全に納骨するために知っておきたいこと

ペット葬儀後の対応~死亡届の手続きも忘れずに~

犬を亡くした飼い主なら知っておきたい事~死亡届を出す~

犬と女の人

犬を飼っている人は市区町村に登録していますよね。その犬が亡くなった時、きちんと死亡届を出さなくてはなりません。いざという時に慌てないよう、詳しく手続きについてまとめました。

30日以内に届け出る

犬の死亡届は、登録している市区町村に死亡してから30日以内に届け出る必要があります。届け人は飼い主もしくは家族です。引っ越した場合、所在地登録を変更しているなら引越し先の市区町村で、変更していないなら最初に登録した市区町村で手続きしてください。

死亡届の手続き方法

必要なものを準備

手続きには「死亡届」「犬鑑札」「狂犬病予防注射済票」の3つが必要です。死亡届は各市区町村の窓口でもらうか、ホームページでダウンロードしましょう。犬鑑札は登録時にもらっているはず。もし無くしてしまっていたら、紛失届を添付してください。狂犬病予防注射済票は紙ではなく金属のプレートです。これらは返却の義務がありますが、市区町村によっては思い出の品として残しておくこともできます。

死亡届への記入

死亡届の様式は、各自治体によって異なります。多い項目としては、「犬の生年月日・年齢」「犬種」「性別」「毛の色」「登録年度」「登録番号」「死亡年月日」「飼い主の住所氏名」などが挙げられます。登録年度や番号がわからないという方は、犬鑑札に記載してあるはずなので確認してください。市区町村によっては印鑑が必要な場合もあります。

犬種団体へ連絡

ちなみに血統書付きの犬の場合は所属の団体へ連絡し、血統書の返却手続きを取ることになります。手続き方法は各団体によって異なるので、確認してみてください。多くの場合は血統書の裏面などに犬の死亡年月日や飼い主の住所氏名などを記入し、送付することになるでしょう。ただ「血統書を残しておきたい」という場合は手続き後に返却してもらえたり、死亡血統書を発行してもらえたりすることもあります。

手続きが難しい時

死亡届は難しいものではありませんが、どうしても手続きが難しい時はペット葬儀社などに代行してもらうことも可能です。必要なものを準備し、事情を説明してお願いしましょう。もちろん死亡届の住所氏名の欄には飼い主の情報を書く必要があります。

TOPボタン