ペット葬儀だけじゃない!遺骨を安全に納骨するために知っておきたいこと

いろんな種類で納骨できるペットの納骨堂

納骨堂には種類がある~ペットに合わせた選択~

葬儀

納骨堂と一口に言っても、霊園・寺院によってそれぞれタイプが異なります。どんな種類があるのか事前に確認し、自分の考えに合った納骨堂を選ぶと良いでしょう。

納骨堂のタイプ

一般的には棚タイプやコインロッカータイプ、個室タイプが多いでしょう。棚タイプは個別もしくは数匹ごとに区切られており外から見えるタイプ、コインロッカータイプは扉があり外から見えないタイプです。供物を置く場所は、個別に置けたり共同のスペースを設けられていたりと納骨堂によって異なります。

納骨堂を利用している人の声

棚タイプの納骨堂を利用しました。(50代/男性)

うちの犬は大型犬だったので納骨堂に納めることができるか不安でしたが、棚タイプでも案外広くてひと安心しました。オープンスペースのような場所に棚があり、仕切りがついていて一体ずつ区画が分けられている感じです。思っていたより明るい雰囲気で驚きました。写真や花も飾ることができて、キレイに納められたので満足しています。

コインロッカータイプの納骨堂は、安心感がありました。(30代/女性)

私の家は庭もなくお墓を用意する余裕もなかったので納骨堂を利用すると以前から決めていました。ペット葬儀社さんから紹介して頂いた納骨堂に猫の遺骨を納めることに。最初は棚タイプを考えていたのですが、万が一地震などで遺骨が落ちてしまったら困るので、コインロッカータイプを選びました。人見知りの子だったので、自分のスペースで安心して眠っていると思います。

納骨堂を利用する注意点~事前に確認したいポイント~

納骨堂を利用するにあたり、いくつか注意したいポイントがあります。後から「こんなはずじゃなかった」と思うことがないよう、事前にしっかりと確認しておきましょう。

納骨堂の契約期間

基本的に納骨堂は、半年・一年など決められた契約期間ごとに契約料を支払って預けるものです。最長でも一年間しか預けられない納骨堂もあれば、永代供養を行ってくれる納骨堂もあります。契約期間と契約料について、よく確認しておきましょう。

オプションの有無

納骨堂のある霊園でペット葬儀を行うと、契約料が割引になる・ネームプレートを無料で作ってもらえるなどのオプションがついていることもあります。多くのペット霊園はペット葬儀社と提携しているので、葬儀の前に各霊園の納骨堂のオプションについて確認してみましょう。  

TOPボタン