ペット葬儀だけじゃない!遺骨を安全に納骨するために知っておきたいこと

ペット葬儀の後に行なう納骨の安置なら納骨堂へ

メジャーなペット葬儀~納骨先を選ぶ~

ペットのお墓

近年では、ペットが亡くなった際にペット葬儀を行うことがメジャーになってきました。では火葬・葬儀の後、遺骨を納骨する場所としてはどんな候補があるのでしょうか?

主流となったペット葬儀

以前はペットが亡くなると、自分で庭などにそのまま埋葬して終わりにすることが多かったでしょう。しかし近年「ペットも大切な家族」という意識が高まり、ペットも人間と同様に火葬・葬儀をすることが一般的になってきました。ペット葬儀にはペットが安らかに眠ることができるよう供養することはもちろん、飼い主の気持ちを整理する「お別れの場」としての意味もあります。

ペット葬儀後の納骨場所

個別墓地
一体ずつ個別に用意するペット用の墓地です。多くの場合はペット霊園や人間用墓地のペット専用スペースに土地を購入し、お墓を建てて遺骨を埋葬します。その後もずっと自分でお墓を管理していく必要がありますが、墓石にペットの名前を刻んであげられる・好きなデザインの墓石を用意することができるなどのメリットがあります。
納骨堂
納骨堂とは、遺骨を埋葬せずに安置する建物のこと。ペット霊園などに併設されており、コインロッカーのようなタイプや棚タイプ、個別の仏壇が用意されている個室タイプなど様々な種類があります。また契約制になっていることが多く、基本的には四十九日や一年間など預けられる期限が設けられており、契約料を支払って安置します。

墓地と納骨堂の違い

墓地は遺骨を「屋外に埋葬する」、納骨堂は土に埋めずに「室内に保管する」という違いはありますが、納骨という意味ではこの二つに大きな違いはありません。以前は納骨堂はお墓を用意するまでの間だけ一時的に保管する場所として機能していましたが、近年では考え方の変化やお墓の維持管理の難しさから、永代供養として納骨堂を利用する方も増えてきました。

葬儀前にやっておきたい手続き

犬の場合、亡くなった時にペット葬儀だけでなく法的な手続きも必要になります。飼い主として責任を持ち、忘れずにしっかりと手続きしましょう。

ペット葬儀前・飼い主の仕事

ペットの犬が亡くなったのですが、ペット葬儀の前にやる事はありますか?
犬が亡くなった時は、役所に死亡届を提出しなくてはなりません。犬を飼う時に登録しているはずなので、亡くなったことを知らせる必要があるのです。30日以内に届け出れば大丈夫ですが、なるべく葬儀前の待機期間に行うと良いでしょう。市町村役場の窓口かホームページで死亡届書類を入手し、必要な情報を記入して提出してください。また、犬鑑札や狂犬病予防注射済票も一緒に返却する必要があります。(思い出があって保管しておきたいという場合は窓口に相談してみてください)更に血統書登録をしていた場合は、所属の堅守団体にも連絡を入れましょう。

届け出がなかった場合

犬の登録申請や変更事項の届出は、狂犬病予防法に基づいて定められたとても重要な手続きです。場合によっては20万円以下の罰金が課せられることもあるので、忘れずに届け出を行いましょう。また手続きを行わないと、いつまでもワクチン注射の案内などが届くことになります。  

TOPボタン